料理下手な私の事を中心に会話が弾む夕飯時

昨日は時間がたっぷりとあった上に気持ちに余裕があったのも手伝い夕飯が一汁三菜…一汁五采って感じな物が出来上がりました。おかずの内容もメインにはこってり味付けしたハンバーグ、副菜は煮物からあっさりとしたあえ物。それにサラダとみそ汁、その他諸々。何だか自分的には非常に満足して帰宅した家族に出してたんです。
別に「今日は豪勢だね」とか「美味しい!」とかいう感想は期待してませんでした。男ばっかだし、私の機嫌とってくるような年頃でもないし。夫はもちろん無言のまま食べてるし。
すると息子が何かぼそぼそと言ってるのが聞こえました。「何?」って聞くと「このハンバーグ焦げてる」…。確かにハンバーグ焼くの苦手で少し焦がした私だけどばれないように焦げた部分はちゃんと下向けてたのに本当に目ざといヤツ。それにちょっと焦げたくらいじゃソースの味でごまかされるっていうのに(-_-;)
まあ、こんな会話でもシーンとした食卓よりかはいっかと私の料理の腕の下手さで若干盛り上がりながらの夕飯の時間でした。料理の腕あげたいって思ってたけどもしかしたら我が家は下手なままの方が会話が弾んでいいのかも…!と自分に都合のいいように思ったりもした昨日です(^^♪

趣味は買い物と言っていた頃が懐かしい田舎暮らしの現状

女性の方で趣味はカフェ巡りか買い物…という方、多いのではないでしょうか?かくいう私もその一人でした。ですが、それは東京都内に住んでいた頃の話!仕事帰りに真っすぐ帰宅しないでちょっとウィンドウショッピング…と言いつつ毎回洋服を購入。今日はネイルサロンだけ行って帰ると決めても、かわいい鞄と目が合ってお持ち帰り。インスタで見つけたおしゃれなストール、流行りのハンドクリーム、有名店のパンなどなどなど、お金を使わない日はありませんでした。依存症とは言いませんが、買えば買うほど欲しくなるのは何でなのでしょうか??都内では、周囲の女性たちがおしゃれに気を使っていることも物欲の原因だと思います。新しいものを身に着けていったり、髪型を変えてはお互いに褒めあうことが日常なのです。
さて、今は関東の田舎に住んでいるのですが、驚くほどさっぱりと物欲が消えました。さっぱりと、です。理由はたくさんありますが、買い物をする場がないことが一番の理由だと思います。ショッピングモールなるものはありますが、地域の人みんなが買いに行くのではうんざりします。。。欲しいブランドも置いていませんし、褒めてくれる意識の高い友人も少ないです。田舎では、東京は別の国の話と言わんばかりに線を引いています。流行りものがどうこうより、如何にお金をかけずに家事や子育てができているかの方がよっぽど重要なんだと思います。
物欲が止まらなくてお困りの方、田舎暮らしをおすすめします(笑)